イソフラボンを摂取する

髪の毛や眉毛など頭部や顔の上半分に生えている毛は、女性ホルモンの作用で増えると言われています。一方、ひげや体毛などは男性ホルモンの作用で増えます。そのため、髪の毛を多くするためには、女性ホルモンの代表であるエストロゲンもしくはそれに似た物質を摂取する必要があります。そのエストロゲンに似た物質こそ、大豆などから取れるイソフラボンであり、納豆や豆腐などの大豆製品を採ることで頭髪の育毛効果が認められます。そのため、積極的に大豆を用いた食品を摂ると育毛には効果があります。

カプサイシンを摂取する

頭髪は、毛細血管により支えている側面があります。毛細血管は、拡張することで栄養を毛髪に運び、毛髪の根元にある毛根を強くする作用があると認められます。そのため、毛細血管の作用を拡張する方法が育毛には有効ですが、その毛細血管を広げる作用があるのがカプサイシンです。カプサイシンは唐辛子などの香辛料に含まれ、刺激があり発汗させる作用があります。その発汗が強くなったときこそ、毛細血管の活動が活性化され育毛されている状態になるのです。

食事のバランスに気をつける

多くの場合、イソフラボンやカプサイシンを摂取すれば頭髪の育毛は良い結果が得られるのですが、それでも効果が出ない場合は栄養に偏りがある場合があります。例えば、海苔やひじきなどは昔は育毛に効果があるとされたのですが、現在でも毛の質や太さを良くする効果は若干ですが認められます。また、野菜や肉を偏って摂っている場合、単品では良い効果があっても総合的に見ると栄養上よくないこともあり得ます。そのため、極端な食事の偏りがないか、薄毛の傾向がある人は栄養士などに相談すると良いです。

発毛を促す方法として、育毛剤を使う方法もありますが、頭皮マッサージで毛髪が生えやすい環境を作ることも大切です。

Calendar

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031