腰痛の原因と治療法!すべて同じ治療法ではない!

原因が炎症である場合の腰痛の治療法

腰痛になる原因は様々ありますが、炎症が原因で腰痛になる場合は治療法がいつもと違います。ぎっくり腰などで腰痛になった場合は患部が炎症を起こしているので、温湿布をするとむしろ悪化します。湿布をするなら冷たくなる湿布をするのがおススメです。炎症が治まってから温湿布をするのは良いですが、それまでは控えましょう。

いつも痛くなる腰痛には姿勢が関わっている

腰痛持ちの人の中にはいつも腰が痛いという人がいます。腰は体全体を支える中心点なので、姿勢が悪いと痛みとなって出てしまうのです。姿勢をよくして生活するようになると改善さることもあるので、猫背にならないように姿勢よく生活するようにしましょう。また、マッサージや湿布も有効な治療方法です。マッサージをして、姿勢の改善に取り組んでいけば、いつの間にか治っていることもあります。

運動をして腰を痛めた時

運動をしていると腰を痛めるときがあります。そのようなときは速やかに医療機関を受診するといいでしょう。外的な要因で痛みが発生したことも考えられるので、治療するには専門的なアドバイスが必要になることがあるからです。重症でなくても、専門的な検査を受けておけば安心できるものです。

椎間板ヘルニアなどの症状

腰の痛みでよくあるのがヘルニアなどです。腰の痛みが日常的に起こるようであれば、ヘルニアを疑ってもいいかもしれません。その場合は医療機関にかかり、検査する必要があります。専門家のアドバイスを受けてどうするかを決める必要があるので、一度受診することをおススメします。

腰痛 注射はすぐに痛み止めの効果が得られるのが利点ですが、一時的なものなので注意します。また、頻繁に繰り返すと体調不良を引き起こすので、腰痛を緩和する専門的な治療を受けることが大切です。

Calendar

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31