ニキビ対策!治療の方法は種類によって違う!

白ニキビのケアの場合

白ニキビは角栓によって塞がった毛穴に皮脂が溜まりつつある状態のときにできます。根本的に治すなら、女性ホルモンが優位になるようにホルモンバランスを整える治療法が有効です。すでに発生したニキビは面法圧出がおすすめでしょう。

黒ニキビのケアの場合

毛穴内部に溜まった皮脂が空気中の酸素と結合して酸化された状態の物を黒ニキビと言います。面法圧出ですぐに完治することができますが、長期的な治療法としてはホルモン治療がおススメです。黒ニキビが悪化すると炎症を起こす可能性がありますので、その場合は医療機関を受診するのが賢明でしょう。

赤ニキビのケアの場合

赤ニキビは炎症を起こして、ニキビが赤くなっている状態のことを指します。赤ニキビを放置してしまうとニキビ跡が残る可能性があるので、安易に爪でつぶさない方が良いです。炎症を止めるためには抗生物質などが有効なので、ニキビ跡を残さないようにするために医療機関を受診するのは賢明な判断でしょう。根本的に解決するためにはホルモン治療が有効です。

黄色ニキビのケアの場合

炎症が進んで黄色く膿んでしまっているニキビを黄色ニキビと言います。これは重症なので、可能ならば医療機関を受診する方が良いでしょう。男性ホルモンを抑える薬品を用いることで、症状を緩和することが可能になります。黄色ニキビが頻発するようならホルモン治療で肌質を変えるケアをする方が賢明でしょう。

紫ニキビのケアの場合

紫ニキビは炎症が極限まで悪化し、膿と血が毛穴の中に溜まって腫れあがっている状態です。ニキビ跡を残さないためには、潰さないでホルモン治療や漢方などを用いて治療することがおススメでしょう。

ニキビ跡は大きく分けて赤み、色素沈着、クレーターの3種類があり、クレーター状のものをきれいに治すにはクリニックでの治療が必要となります。

Calendar

2018年12月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31